ラベル

2021年3月7日日曜日

フォローアップ講座の配信は残り1週間です!

 みなさんこんにちは。

先週の日曜日に行われたオンラインフォローアップ講座の動画配信も残り1週間となりました。


今回のセミナー全体のご感想など、最終アンケートからぜひお寄せください。

(最終アンケートのURLは3月2日にお送りしたメールに記載されています)


また、次のイベントに向けての準備も徐々に始まっております。

和紙のWSの前に、新企画登場かも・・・

みなさまどうかお楽しみに!

2021年3月2日火曜日

フォローアップ講座終了しました

 

みなさんこんにちは!

一昨日、無事にZoomでのオンラインフォローアップ講座が終わりました。

当日は80人近い方々にお集まりいただき、みなさまからのご質問にお答えするだけでなく、本セミナーシリーズのねらいや今後の展開についてもお伝えする貴重な機会をいただきました。

当初は少人数の参加を想定していたため、インタラクティブなやりとりができるよう計画していたのですが、予想を大きく上回るみなさまにご参加いただくこととなり、質問の際にご不便をおかけすることとなってしまいました。申し訳ありませんでした。

フォローアップ講座の記録動画は、本日より3月14日(日)までYouTube上に限定公開されます。受講者の皆様には本日ご案内のメールをお送りいたしました。メール本文中のURLよりご覧いただけますのでご活用ください。

前編はセミナー開催趣旨からQ&Aセッション1の途中まで

後編はQ&Aセッション1の途中から今後の予定まで


次回公開講座の進捗状況などもこのブログでお知らせしてまいります。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!

2021年2月10日水曜日

教材を発送しました!


 みなさんこんにちは!

2月も中旬に差し掛かり、京都でも梅の花が咲き始めています。


大変お待たせいたしました。

本日、公開講座の教材を発送いたしました!!














奥:予習用解答シート、手前左:オリジナル解説冊子、手前右:紙見本帖

お手元に届きましたら、領収書の宛名など間違いがないかご確認ください!

今回の発送作業も、歴史遺産アウトプット研究会のメンバーをはじめとした学部生や院生の皆さんに大変お世話になりました。

いろいろな方々のお力を借りながら、みなさまに楽しんでいただけるような講座の実現を目指し、これからも取り組んでまいります。


******************************
今回の発送は、2月8日(月)の段階でご入金が確認できた方を対象としております。
もし教材費のお振込みがまだの方は、1月31日(日)前後にお送りした「お振込みのご案内」メールをどうかご確認ください。
もし上記のメールが届いていない場合は、公開講座係のメールアドレス

r.s.public.course@gmail.com

まで、至急ご連絡をお願いいたします。

2021年1月31日日曜日

公開講座申し込みは本日まで

 

みなさんご無沙汰しております。
あっという間に1月の最後の日になってしまいましたね。
第1回公開講座の申し込みも、本日の23時59分までとなりますのでお気をつけください!

公開講座の準備は徐々に進行中で、皆様にお送りする和紙サンプルの準備を、歴史遺産アウトプット研究会のみなさんがどんどん進めてくださっています。

今回のサンプルの中には市販されていない和紙もあり、歴史遺産学科のサポートメンバーも加わって2日間楽しみながらその加工に取り組んでいました。

当日の様子はアウトプット研究会のSNSで後日報告があると思いますので、またお知らせいたします!


ミキサーで紙料を作っています



和紙サンプルの裁断の様子



染めた和紙を干しています

2021年1月16日土曜日

公開講座まだまだ申し込み受付中です!!

みなさんこんにちは。

2021年がはじまり、早くも半月がたってしまいました!

公開講座の準備もいよいよ本格化し、教材制作が急ピッチで進行中です!

そして今回は、みなさんに2つほど大切なお知らせがございます。


1)フィードバックセッションの動画配信について

2月28日(日)に開催するZoomでのフィードバックセッションについて、何名かの方々からご質問をいただきました。

このセッションでは、講義動画ご視聴後に提出していただくアンケートに、あらかじめ講師に質問したい内容を記入していただき、セッション当日はその質問への回答やフリーディスカッションを行う予定です。

そして、このセッション当日に参加できない方々のために、Zoomの録画データを後日配信することになりました。講師とのリアルタイムでのやりとりはできませんが、アンケートをうまくお使いいただければ、後日その回答を確認できます。


2)定員について

今回の講座には、受付開始当初から予想以上のお申し込みをいただいております。

できる限り多くの方々に受講していただきたいという願いから、話し合いを重ねた結果、オンラインでの開講という利点を活かし、今回は定員を無くすことになりました

1月31日(日)までにお申し込みいただいた全員の皆様にご受講いただけることになりました。


もしまだ受講を迷われている方は、以上の点を踏まえてご検討いただければ幸いです。



最後に、この公開講座をさまざまな形でバックアップしてくれている学生団体「歴史遺産アウトプット研究会」の活動をお伝えします。

この公開講座の教材制作のお手伝いと並行して、歴史遺産学科ならではの面白い制作やさまざまな活動を進めています!

今回は歴史遺産学科の学生さんたちを巻き込んで、古代エジプトの書写材料であるパピルスを作る実験の下準備を行なったようです。詳しくはこちらをご覧ください!(←「こちら」の部分をクリック)






2020年12月31日木曜日

年末のご挨拶

皆様、年末の慌ただしい時期の募集開始にも関わらず、

モニター受講生へのたくさんのお申し込み、本当にありがとうございます。


 今年はコロナに翻弄される1年となりました。

「今までとは違うこと」を考え実行せざるを得ない状況は、

私たちに様々な「学び」の機会を与えてくれたように思います。

本講座の企画もそのような我々自身の「学び」の結晶として生まれたものです。


研究センターのスタッフのみならず、

実は歴史遺産学科の学生さんたちも本講座の運営に協力してくださっています。

来年は彼らの様々な活動や努力の様子なども含めて、

この新たな試みの舞台裏をお伝えしていきたいと思います。


2021年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様、どうか良い年をお迎えください。


日本庭園・歴史遺産研究センター(歴史遺産部門)

公開講座係一同


  ↑  この扉の向こうで色々考えています


*モニター受講生へのお申し込みはこちら(←クリックで詳細ページに移動)





2020年12月26日土曜日

チラシできました!【セミナー申込受付開始】

  日本庭園・歴史遺産研究センターでは、数ヶ月前から公開講座についての企画会議を重ねてきました。そしてついに本日チラシが完成しました!



 セミナーの申込受付も始まっております。オンラインセミナーということもあって、海外の方たちにも関心を持っていただけているようです。やはり和紙は強い!

 コロナ禍での新しい「学び」の形を模索する本セミナー。皆さんもぜひふるってご参加ください。

(Zoomでのフォローアップ講座の日程とご予定が合わない場合など、講義動画のYouTube視聴だけでもご参加いただけます。)

お申し込みはこちら